柿渋染 刷毛染と浸し染

柿渋の染色方法には、主に刷毛染と浸し染の2つの方法がありますが、基本的には温度を上げる必要が有りませんので、 エネルギーを使用することなく、したがって二酸化炭素を発生させません。

地球環境に優しいエコ染料として注目されています。 従来は手作業による手染めが中心でしたが、現在では工業生産的な方法でも染色され始めています。

柿渋は天然素材にしか固着しませんので、綿・麻等の天然繊維への染色が適しています。 又、蛍光晒し、樹脂加工等が施された物は不向きです。 糊は落として下さい。 尚、直接柿渋液に触れるのが気になり方はゴム手袋を使用して下さい。


色々な柿渋の色合い 柿渋染カバン
商品提供:布一途
帽子とショール

柿渋 刷毛染

1)柿渋液をポリ容器などに移して下さい

柿渋液は必要な量だけを容器に移して下さい。柿渋は鉄分に反応しますので、鉄製品は避けて下さい。 出来るだけムラ無く染めたい方は柿渋を水で2〜3倍に薄めて、染色回数を増やして下さい。

2)柿渋を刷毛で塗って下さい

予め、下にビニールシートなどを敷いて下さい。 刷毛の描き方や重ね染で色々な柄もできます。  

乾燥しない間に一回の染色を全て終えて下さい。 途中で一旦中止し乾燥後に再び染色しますと、その部分がムラになりますので、一旦染色を始めたら最後まで行って下さい。

3)乾燥(日に当てる)

柿渋染のポイントが乾燥です。 染色は比較的簡単ですが、乾燥によってどうしてもムラができてしまいます。 濡れた状態で直射日光に当てますとムラになり易いので、陰干しの上で乾燥してから日に当てるようにして下さい。 又、生地が緩んでいるとムラになりますので、ピンと張った状態で干して下さい。 ピンで挟んだところが発色し難いので注意して下さい。    

4)水洗い

水洗いすることにより発色を促しますし、風合いを若干柔らかくなりますので、出来るだけ水洗いして下さい。

5)色出し

  3)、4),5)の繰り返し、 柿渋は回数を重ねるごとに色が濃くなります。 状況を見ながら好みの色合いにして下さい。  

6)仕上げ・媒染・色止め

基本的には柿渋染は色止めとしての媒染は行う必要はありませんが、急速な色の変化を押さえる為に弱アルカリ処理を行う場合があります。 尚、アルカリが強いと色が変わりますので、注意して下さい。 詳しくは媒染のページでどうぞ

柿渋染 浸し染

柿渋染めの浸し染めは糸・生地を染色する場合にお勧めします。 浸し染めは染色・脱水・乾燥に手間が掛かりますので、初心者の方にはお勧めできません。 特に厚地の生地を染色するのは難しいですので、始めは薄地のものを選び、 適当な長さにカットしてから染色されることをお勧めします。    

   
柿渋染めファッション 柿渋染めジーンズとジージャン

1)柿渋液を容器に移す

染める物に応じた大きさの容器を選び柿渋を移して下さい。    

2)染色

浸し染めの場合には水で2〜3倍に薄めて使用されることをお勧めします。 水で薄めますと一回当たりの発色は薄くなりますので、その分だけ染色回数を増やして下さい。 その方が比較的ムラが少なく染色できます。  

3)乾燥・日に当てる

生地の場合には絞った後がシワになり易いので十分に伸ばしてピンと張った状態で干して下さい。 逆に初心者の方にはムラ染め・シワ染めをお勧めします。 糸染めの場合にはカセの内と外で乾燥ムラが出来ますので 適時裏返して乾燥させて下さい。    

4)水洗い

十分に水洗いを行って下さい。  

5)仕上げ・媒染・色止

基本的には柿渋染は色止めとしての媒染は行う必要はありませんが、急速な色の変化を押さえる為に弱アルカリ処理を行う場合があります。 尚、アルカリが強いと色が変わりますので、注意して下さい。 詳しくは媒染のページでどうぞ

柿渋染めの注意点

染色時に他の衣服・紙・畳・木などに付きますと落ちませんので注意して下さい。 直ぐに水洗いを行って下さい。 一旦乾燥してしまいますと落ちません。    

染色後の注意点

柿渋染めは風合いが硬くなるのが特徴ですが、硬い風合いが気になる方は水洗いを多くするか、 生地を手揉みすれば比較的柔らかくなります。 又、市販の柔軟材を使用しても柔らかくなります。